ホテルウエディングの口コミを見て将来の結婚式を想像

ホテルウエディングの口コミサイトを見る理由といえば、実際に結婚式を挙げる予定があって、最適の会場を探しているなどの理由が多いと思います。しかし、私は少し他の人とは違った理由でホテルウエディングの口コミサイトを閲覧しています。簡単に言うと、私はホテルウエディングの口コミサイトを閲覧するのが趣味なのです。口コミには結婚式当日の体験談なども記載されていて、非常にリアルな口コミとなっていて、とても興味深いのです。


ホテルウエディングの口コミサイトを閲覧していると、時間を忘れて楽しんでしまうことも多くあります。中には、私の中の名口コミというものがあって、思わず笑ってしまうようなものから、涙無くして見られないような口コミなど様々です。ホテルウエディングの口コミサイトで様々な体験談を閲覧していると、結婚という儀式の意味の大きさについて再確認させられてしまうこともよくあります。私の中ではホテルウエディングの口コミサイトは癒しです。


また、私はホテルウエディングの口コミサイトを利用してこんな楽しみ方もしています。それは、自分の将来を他人の体験談に当てはめてみるということです。非常に詳細に書かれている体験談もありますので、その体験談に自分を当てはめていって、自分ならこんな時どうするなどと考えていくのです。これが、かなり楽しく、想像をしていくとどんどん頭の中にイメージが広がっていくのです。もしかしたら、こんな行為が将来の出来事の予行演習になるかもしれません。

憧れのホテルウエディング

昨今、ジミ婚や結婚式を挙げないカップルも増えたと聞きますが、やはりホスピタリティが充実し、なおかつ多人数での挙式が可能で知名度があるホテルウエディングを選択する人は多いと思います。ホテルウエディングではトータルコーディネートで対応してくれるため、衣装選びから当日の宿泊まですべて任せることができるのが魅力です。また、頻繁にウエディングフェアなども行っており足を運びやすい環境にあるのも人気の一つでしょうか。


私の場合は最後までレストランウエディングとホテルウエディングと悩んだ結果、有名シェフのお料理をサーブしてもらえるレストランでの挙式を決めたものの、やはり知名度の高いホテルでの挙式も捨てがたかったのを覚えています。招待客として行った高級ホテルのウエェディングでは、ピアノやオーケストラの生演奏や格調高い調度品と雰囲気を堪能でき、ホテルウエディングならではの豪奢なサービスを受けてリッチな気分で帰路についたものです。


ただ、ホテルウエディングにもランクがあるため、高級ホテルだからといって一概に素晴らしい結婚式に出会えるとは残念ながら断言することはできません。お料理が最低限のものだったり卓上のお花が全くなかったりと、やや残念な式もありますが、これはホストの心意気の問題ですので当たり外れもあるわけです。しかし、同じ額の御祝儀を持参するならばできるだけホテルウエディングらしい高級感溢れる式に参列したいというのが人間の心理というものでしょうか。

ホテルウエディングのアルバイト

学生時代、配膳のアルバイトをしていました。ホテルウエディングの給仕サービスをするバイトです。学校のない土日で働けること、時給が高いことがこのバイトを選んだ理由ですが、ホテルウエディングの裏側を知ることができて、とても良い経験になりました。


私が働いていたのは赤坂の有名ホテルです。芸能人の結婚式にも使われるホテルなので、研修はとても厳しいものでした。ホテルの地下1階にある研修室でホテルウエディングに必要な実技を1週間かけて叩き込まれます。同期にはホテル関係の専門学校に通っている子もいて、正直言って私は落ちこぼれだったかも。伊勢海老のグラタンの模型を乗せたトレイをぶちまけて教官に怒られたりしていました。それから、従業員用の通路を覚えるのも大変でした。ホテルのお客様用の廊下を通らずに、配膳会社からその日仕事をするお部屋にたどり着くのは至難の業で何度も迷子になっていました。本当に迷路のように複雑で覚えるのが大変でした。


1週間後のホテルウエディングデビューの日、自分の担当するテーブルのサービスに真剣で、一度も新婦を見ることなく式のお開きを迎えてしまいました。シャンパンをあけるタイミングを間違えて一人でポンッと音を立ててしまいましたが、それ以外はそつなくこなしたつもりです。ただ式を取り仕切る黒服は心配そうに私のテーブルを見つめていましたが。日がたつにつれて仕事内容にも慣れ、新郎新婦の様子や出し物を見る余裕も出てきて、楽しみながらサービスできるようになりました。自分の時はこうしたいな、などと考えながら仕事をするのも楽しかったです。アルバイト同士もサークルのノリで仲が良く、居心地の良いアルバイトでした。